フリーランスライターは、旬な“マットグレイ”でセンスをアピー


ライター、カメラマン、ディレクターなど、フリーランスの職業はフットワークの軽さが求められる。自在に動き回る仕事は、スタイルにおいても自由度は高いが、何でも良いというわけにもいかない。信用を得る知的さとアイデア、それでいてセンスを感じさせる洒脱さはいわば必須。東京都のバレンシアガ店舗一覧そこに合わせるのは、嫌味なく受け入れられつつもセンスを感じる髪色、軽やかな“マットグレイ”がいいだろう。フットワークの良さを暗に抱かせることができ、カジュアルかつスポーティなコーディネートとの相性もぴったりだ。

ウールアルパカダブルフェイスモッサのコートは、表面をベージュ、裏面をレッドにカラーリング。ポケットの上に腕を通す部分を施したポンチョ型で、肩から腕に沿って馴染む、しなやかなフォルムが魅力だ。その他、直線的なパターンのゆったりとした造形で、身体を包み込むようなストール一体型のコートや、ブラックとグレーのダブルフェイスウールで仕立てたロングコートなども登場した。

場所や服装など、何事にも縛られない働き方であるフリーランスは髪色で自分を演出しやすい職種の1つ。カナダグース スーパーコピーインパクトある髪色で顔を覚えてもらうという選択肢もあるが、自分自身で仕事を掴む必要がある以上、ナチュラルな色味で今っぽさと春らしい軽やかさを手にしてみてはいかがだろう。“マットグレイ”なら、光が当たったときにニュアンスの変化を楽しめる。動きのあるヘアスタイルと相性が良く、カジュアルな仕事着の幅も広がるはず